2015年夏アニメの感想「ダークホースはオーバーロード!」 (09/30)
GANGSTA. 第1話 「NAUGHTY BOYS」 感想 (07/06)
Charlotte 第1話 「我 他人を思う」 感想 (07/05)
響け!ユーフォニアム13話の感想「最終回で明確な表現はされず→二期決定か!?」 (07/01)
えとたま12話の感想「チュウたんが世に言うツンデレ少女でしたw」 (06/26)
響け!ユーフォニアム12話の感想「黄前久美子ちゃんの成長回!」 (06/24)
ジョジョの奇妙な冒険3部 第48話最終回 「遥かなる旅路 さらば友よ」 感想 (06/21)
暗殺教室22話の感想「渚の時間キタ―(゚∀゚)―!!と思ったら最終回orz」 (06/20)
えとたま11話の感想「にゃ~たんが思い...出した(*´▽`*)」 (06/19)
響け!ユーフォニアム11話の感想「吉川優子ちゃんにも事情があった!」 (06/17)
暗殺教室21話の感想「ついにボスの正体判明!」 (06/13)
えとたま10話の感想「モ~たんがただのへんたいじゃなかった(T_T)」 (06/12)
響け!ユーフォニアム10話の感想「中川夏妃先輩が良い人過ぎる( ;∀;)」 (06/10)
暗殺教室20話の感想「やっぱり赤羽業君が最強かつ最高(*´▽`*)」 (06/07)
ジョジョの奇妙な冒険3部 第46話 「DIOの世界 その2」 感想 (06/06)
えとたま9話の感想「ピヨたんのおかげで綺麗なにゃ~たん誕生w」 (06/05)
響け!ユーフォニアム9話の感想「川島緑輝ちゃん責任を感じる(T_T)」 (06/03)
暗殺教室19話の感想「イリーナ・イェラビ○チ先生大活躍!」 (05/30)
ジョジョの奇妙な冒険3部 第45話 「DIOの世界 その1」 感想 (05/30)
えとたま8話の感想「ウマリオカート回でした(;^ω^)」 (05/29)
響け!ユーフォニアム8話の感想「加藤葉月ちゃんがいい子過ぎる(T_T)」 (05/27)
暗殺教室18話の感想「殺せんせー完全防御形態になるw」 (05/23)
ジョジョの奇妙な冒険3部 第44話 「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3」 感想 (05/23)
えとたま7話の感想「総集編と言う名のお休み回w」 (05/22)
響け!ユーフォニアム7話の感想「中世古香織ちゃんが最強の癒しキャラ!」 (05/20)
暗殺教室17話の感想「潮田渚君の必殺技が楽しみ\(^o^)/」 (05/17)







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[タグ未指定]

映画『サカサマのパテマ』 感想

サカサマのパテマ 公式設定資料集サカサマのパテマ 公式設定資料集
(2013/11/13)
ポストメディア編集部

商品詳細を見る

「手を離したら、彼女は空に落ちていく」

サカサマのパテマを観て来ました。



Kalafinaさんライブから慌てて移動して観に行った、感想です。
そういえば、イブの時間もKalafinaさん歌ってましたよねぇ。



私が吉浦康裕監督を初めて認知したのが「イヴの時間」で、たしかヤフーで無料公開
されていた時でした。それ以前の作品もどこかで観ていたので、あっあの作品の人か!
と思い視聴したと思います。
1話を観て引き込まれ、それ以降は続きを早く公開してくれ!と待ち焦がれて
いた日々を過ごしていたことを記憶しています。
オールナイトのイベントにも参加し、吉浦監督と会えたのもいい思い出でした。

そんな吉浦康裕監督の初の長編劇場映画で楽しみにしておりました。



サカサマのパテマのあらすじ
少女パテマは村の掟で立ち入り禁止区域を探検中、何者かに襲われ巨大な穴に落ちいく。
その先に待ち受けていたのは、空を忌み嫌う世界アイガに住む少年エイジだった。

できる限りネタバレを含まないでザックリ言うと、少年が異世界からの少女と出会う
ボーイミーツガールであり、悪者の対峙する冒険活劇。言わば王道とも呼べるストーリー。


感想
まず面白いと思うのはやはり設定です。少女パテマは、少年エイジの前に地下から降ってきて、空へと落ちていく。

つまり二人は、重力の向きが異なる世界の人間

特に二人が抱き合っているときの空へ向かう足元の描写は、こっちの背筋が凍るような恐怖すら覚えました。

SF・ファンタジー物を見るとき、私達の現実世界における物理法則とか科学的矛盾に関しては
それ自体を楽しんでいたり、考察をすることもひとつの面白さではあると思うのだけれども、小難しくなってしまうし、私の頭は理解できないことのほうが多くなってしまうことも多いからあまり気にしない
のだけれども、作品ではなんで?って思うことが多かったです。


明らかなボーイミーツガールなのに、二人で何かをするという描写が少なく、
何かが起きてそれにアクションして、ご都合主義的にいい方向に向かうだけに感じてしまう。
お互いが理解し合う過程の根拠や事件、二人で考え、共闘したり、共感したりする場面が
乏しいので、ボーイミーツガールなのかと、疑問や違和感を覚えてしまう。
パテマの友人のポルタが、唯一考えて行動し、エイジと共闘したような場面
は面白かったのに、そのような場面をパテマとエイジには見受けられなかったのが残念。

パテマもエイジもそうだが、アイガの君主・イザムラ、治安警察のジャク、他の登場人物の
行動の根拠が薄く、物語の描写ではなく、こいつはこういうキャラ設定だからこう動く。
それに納得しろという感じであった。

行動もそうだが、劇中内の人間関係もこっちで大体把握して下さい程度で描写が乏しかった。
これらのことから、登場人物達への感情移入が困難になってしまった感じ。

勝手な解釈(反転)
もしかしたら、パテマとエイジの世界では争いが起きないように、勇気や希望、怒りや憎しみという感情を表現させないように
しているのかも知れない。それが私達の世界の物語の根源である動機と根拠との差異に違和感を感じたのかも知れない?


それじゃ、この世界を楽しもうと思うけど。
上下の縦の世界にこだわったのか、左右の横の世界がよく分からない。

それじゃ、パテマとエイジの冒険譚を楽しもうと思うのだけれども、二人で
冒険はしてなく、受動的な行動しか見受けられない。

何も考えずに物語りを楽しもうと思うと、
臭わせてきなシーンふんだんに入れて考えさせる余地を与えてくる。

落ちは面白かったのですが、それまでの話がすべて落ちに向かっていく
ような話でなおかつ落ちがすべてを吹き飛ばしてしまうので、やっぱり
それまでの話が薄く感じてしまった。

恐らく、劇場公開前に先行公開された作品や、設定集、パンフレット、小説を読めば上の疑問は幾分は解決するのかも知れませんが、劇場公開作品だけを見た私にとっては、登場人物の行動が
なぜ、どうして、なんでと、ぐるぐる回って、物語がよく分からなかった。

結果、劇場映画だけを観た私自身には不満の残る作品であった。



イヴの時間の時も感じたのですが、1、2、3話ときて4話で期間が空きました。
それまでの話と比べても箱庭型の人物の描写にスポットを当てたお話より、風呂敷を
広げた事件から主人公たちが巻き込まれるようなお話に変わっていった感じをうけ
またエンドロールが増えてきたように見受けられました。それまでとは、スタッフも多くなり
できることも多くなったので試行錯誤中なのかなぁと思いました。

初の劇場長編ですし、まだまだ絶対面白い作品が生まれると思うので、
私はこれからも吉浦監督の作品を注視していきたいと思います!

吉浦監督がんばってくださいっ!

[ 2013/11/11 ] .劇場版アニメ サカサマのパテマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animedakegasukui.blog.fc2.com/tb.php/9-09c12838














copyright © 2017 アニメだけが救い all rights reserved.

    Benri-navi by myhurt  Template by FC2ブログのテンプレート工房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。